国立科学博物館に保存されているD51-231

上野の国立科学博物館に、追分機関区で活躍したD51-231が保存されています。
昭和14年7月に長野工場(現:長野総合車両センター)で製作されて、昭和50年12月まで216万キロを走りました。(一部引用)

c0222209_1917137.jpg
c0222209_19172137.jpg

[PR]

by hrtrain | 2010-03-11 19:30 | 保存車  

<< 両国発の荷物列車、廃止 大宮駅進入中、約3時間遅れの寝... >>