カテゴリ:客車列車( 14 )

 

寝台特急「カシオペア」と「北斗星」

東北地方の大雪の影響で、ダイヤが大幅に乱れました。

札幌発寝台特急「カシオペア」上野行き第8010列車は大宮駅9:12に、同「北斗星」第2列車は11:04に到着しました。

機関車は前者がEF510-504、後者がEF510-508でした。

北斗星号は客車の車両番号は確認できましたが、湘南新宿ラインと同時発車のため機関車しか撮れませんでした。

c0222209_18581589.jpg
寝台特急「カシオペア」を牽引するEF510-504
c0222209_18582234.jpg
寝台特急「北斗星」を牽引するEF510-508
2枚とも2012年1月22日 大宮にて

[PR]

by hrtrain | 2012-01-22 20:00 | 客車列車 | Comments(0)  

寝台特急「カシオペア」と「北斗星」

3月11日の東日本大震災以降運休となっていた寝台特急「カシオペア」と「北斗星」ですが、前者は上野駅5月20日から、後者は上野駅、札幌駅5月20日発から運転を再開しました。

前者は下りの運転再開を見られませんでしたが、上りの運転再開を見ることができました。牽引機は田端運転所のEF510-509で、側面に「がんばろう日本、がんばろう東北」のステッカーが貼られていました。
後者は札幌駅5月21日発の第2列車を迎えました。この日は約45分遅れで大宮駅に到着しました。牽引機は田端運転所のEF510-501でした。装飾はありませんでしたが、北海道ブルートレインが復活したことを鉄道ファンが待ち望んでいたことには間違いありません。

編成は運用結果で改めてお伝えします。ここでは撮った写真を載せます。

c0222209_20292671.jpg
カシオペアを牽引するEF510-509号機
c0222209_20295413.jpg
側面には「がんばろう日本、がんばろう東北」のステッカー
c0222209_20302622.jpg
カシオペアの最後部
c0222209_20312730.jpg
北斗星の牽引機はEF510-501号機
c0222209_20313729.jpg
オハネフ25-4を最後部とした客車
5枚とも2011年5月22日 大宮にて

[PR]

by hrtrain | 2011-05-22 20:15 | 客車列車 | Comments(0)  

今日の寝台特急北斗星の牽引機

今日の第2列車の牽引機はEF510-504でした。前回(9月26日)見たときはカシオペアの機関車でした。

c0222209_18524035.jpg
2010年10月2日 赤羽にて
[PR]

by hrtrain | 2010-10-02 18:55 | 客車列車 | Comments(0)  

寝台特急カシオペア・北斗星の牽引機

6月25日から寝台特急カシオペアの、7月14日から寝台特急北斗星の牽引機が田端運転所のEF81からEF510に変わりました。
9月26日、初めてその牽引機、EF510を見ました。

カシオペア号上野行きは青色の501号機、北斗星号上野行きはカシオペアカラーの510号機でした。

c0222209_22561813.jpg
カシオペア号
c0222209_22562718.jpg
北斗星号
2枚とも2010年9月26日 大宮にて

[PR]

by hrtrain | 2010-09-26 21:15 | 客車列車 | Comments(0)  

大宮駅進入中、約3時間遅れの寝台特急北陸号

大宮駅の電光掲示板に、868Mの次の列車がじつに3時間遅れの寝台特急「北陸」です。自分が乗ったという思い出が強いため、絶対に見たい列車でもありました。寒い中待った意味がありました。
なんとこれで、上野口の寝台特急および夜行列車をすべて見ました。

大宮駅に進入するEF64-1053牽引の寝台特急「北陸」です。14系客車も撮りました。ヘッドマーク付きのEF64は自身の傑作ともいえます。

編成は次の通りです。
EF64-1053+<スハネフ14-32+スハネ14-703+オロネ14-702+スハネ14-755+スハネフ14-23>+スハネ14-759+ オハネ14-63+スハネフ14-28>

c0222209_19112175.jpg
EF64-1053牽引の「北陸」
c0222209_19113023.jpg
14系客車
[PR]

by hrtrain | 2010-03-11 19:15 | 客車列車 | Comments(0)  

大宮駅進入中、寝台特急カシオペア号

札幌と上野を結ぶ豪華寝台特急「カシオペア」は、人気が高い列車です。
ところがこの日は、いつも連結されているカハフE26-1がカヤ27-501に変更されたのが珍しかったので撮りました。
田端運転所のEF81-99ほか、カシオペア編成です。

c0222209_18532437.jpg
EF81-99
c0222209_185409.jpg
カヤ27-501
[PR]

by hrtrain | 2010-03-11 19:00 | 客車列車 | Comments(0)  

大宮駅進入中、寝台特急北斗星号

こちらもデビューからまもなく22年になろうとしています。最盛期は3往復走っていましたが、現在は混成の1往復です。ピークに比べてさびしくなりましたが、ブルートレイン好きの私は何度見ても飽きません。
EF81-98ほか24系12両です。11両目にはオハネフ24-502が連結されていました。

この10分後、寝台特急北陸が入ってきました。

編成は次の通りです。
EF81-98+<カニ24-506+オハネフ25-14>+オロハネ24-553+オロハネ25-501+オロネ25-505+スシ24-507+スハネ25-502+オハネ25-552+オハネ25-564+オハネ25-562+オハネフ24-502>+オハネフ25-8>

c0222209_190036.jpg
惜しくも影が入ってしまったEF81-98
c0222209_1901816.jpg
北斗星の最後部
c0222209_1902441.jpg
簡易運転台が付いているオハネフ24-502
[PR]

by hrtrain | 2010-03-11 19:00 | 客車列車 | Comments(0)  

上野駅到着、寝台特急あけぼの号

北陸の到着を気にしながら、上野着3本立てのラスト「あけぼの」の到着を待ちました。牽引機は茶色で人気のEF64-37でした。前回は双頭連結機付きのEF64-1032でした。
ゴロンとシートは指定席料金で利用できるので人気があります。

c0222209_1842516.jpg
EF64-37牽引のあけぼのは人気がある
c0222209_18425796.jpg
カニ24-102
[PR]

by hrtrain | 2010-03-11 18:45 | 客車列車 | Comments(0)  

上野駅到着、金沢発寝台特急北陸号

金沢からのもうひとつの夜行列車は、寝台特急「北陸」です。14系客車を使用する数少ないブルートレインでもあります。
私は昨年8月に北陸旅行に行く時、前述の489系と究極の選択肢を迫られましたが、北陸フリーきっぷで客車のソロに乗れることを強みに、この列車を選びました。

上野着の牽引機はEF64-1053でした。恒例、客車列車の編成表を書きます。

←上野
EF64-1053+<スハネフ14-32+スハネ14-703+オロネ14-702+スハネ14-755+スハネフ14-35>+スハネ14-759+ オハネ14-63+スハネフ14-28>

c0222209_17295910.jpg

[PR]

by hrtrain | 2010-03-05 21:30 | 客車列車 | Comments(0)  

寝台特急北陸号の旅(2009年8月26日)

今回は旅行記です。

8月下旬、北陸旅行を計画しました。目的は、前から食べたかった氷見うどんと、富山ライトレールに乗ることでした。
帰りは翌日の仕事の関係で「はくたか23号」でしたが、行きは寝台特急「北陸」にするか、489系急行「能登」にするか、迷いました。私は客車列車が好きなので、前者を選びました。

8月26日夜、八王子駅でいつもの209系疎開を見て、寝台特急北陸号の始発、上野駅に向かいました。4号車のB寝台個室、スハネ14-755に乗りました。客車に乗るのは2008年4月1日の塩山~甲府間での12系座席車以来です。寝台車は2006年3月の「出雲」以来です。

大宮駅までは車窓を眺めていましたが、高崎線に入ると翌日の北陸本線の富山駅近くまで眠ってしまいました。北陸へは、2005年8月に富山駅まで行きました。富山から先は1998年8月以来11年ぶりです。後者の当時は大雨で、各地で遅れが相次ぎ青春18きっぷで京都駅に向かうのが厳しいため、小松から敦賀まで特急に乗りました。メモ帳がないため、485系はわかりますが雷鳥・しらさぎ・加越のどれかは覚えていません。

富山駅を過ぎたところで、2号車にあるシャワールームに向かいました。前日、車掌から300円でシャワーカードを買いました。ところがお湯が出ないため、車掌に見てもらいました。浴びた頃には倶利伽羅峠を越えていて、津幡駅を通過していました。

金沢駅に着くと、寝台列車に乗ったという実感がわきました。489系「能登」同様、北陸新幹線開業まで残って欲しいと願っていましたが、2010年3月のダイヤ改正で臨時化されます。

旅行では、1日目に城端線と氷見線に、2日目は富山ライトレールと富山地方鉄道の路面電車に乗りました。

恒例、乗った編成を書きます。
機関車 EF64-1031(上野→長岡) EF81-141(長岡→金沢)・・・長岡車両センター所属
客車 <スハネフ14-29+オハネ14ー63+スハネ14-759+<スハネフ14-32+スハネ14-755+オロネ14ー702+スハネ14-703+スハネフ14-35>(上野→長岡間の向き。長岡→金沢間は編成が逆。)

c0222209_18273123.jpg
c0222209_18274418.jpg

[PR]

by hrtrain | 2009-12-29 21:10 | 客車列車 | Comments(0)