カテゴリ:イベント( 18 )

 

ご当地グルメ・スイーツ

「ふるさと祭り東京」で食べたご当地グルメ・スイーツです。

c0222209_21173182.jpg
c0222209_21174241.jpg
調布市菊野台(柴崎駅)にある「ブレッドギャラリーコンチェルト」のカレーパンと、「C・C・ドッグ」
「C・C・ドッグ」とは、「Chofu City ドッグ」の略称です。
c0222209_21174962.jpg
府中市の「黒米おにぎり」
c0222209_21175769.jpg
福島県会津若松市の「会津カレー焼きそば」
このカレー焼きそばは、ケンミンショー(日本テレビ)でも取り上げられていました。
c0222209_2118643.jpg
名古屋の「錦☆串かつシュー」
c0222209_21181530.jpg
秋田名物「きりたんぽ」
c0222209_21182350.jpg
フジテレビ系列、山形さくらんぼテレビのブースで食べた、山形県産つや姫米を使用した「つや姫入りソフトクリーム」
c0222209_21183095.jpg
「第3回全国ご当地どんぶり選手権」のチケットと引き換えに食べた、青森県八戸市の「八戸ばくだん」
新鮮な真イカを、ゆず胡椒で味付けした香り豊かな風味に、甘辛たれとイクラの相性が絶妙な味わいとなり、イカの食感を高めています。
実際食べて、おいしかったです。
c0222209_21183648.jpg
北海道江別市の「サンタチューボー」のパリパリクレープ生キャラメル
去年もこのイベントで食べました。そのときは人気No.1のチョコバナナを食べました。

番外編として、相模原市のあげパンでおなじみの「オギノパン」が出展されていて、あげパンや丹沢あんぱんを売っていました。

これで、今日のイベントのレポートを終わります。ありがとうございました。
[PR]

by hrtrain | 2012-01-12 19:30 | イベント | Comments(0)  

ゆるキャラ

今回の「ふるさと祭り東京」で撮ったゆるキャラを5つ載せます。

c0222209_20434889.jpg
神々の国しまねのマスコットキャラクター「しまねっこ」
c0222209_20444818.jpg
能登ふるさと博のマスコットキャラクター「のとドン」
c0222209_20453914.jpg
神々の国しまねの宣伝隊長「吉田くん」
c0222209_20463482.jpg
青森ディスティネーションキャンペーンのマスコットキャラクター「いくべぇ」
c0222209_20473944.jpg
佐川急便のマスコットキャラクター「はこぶくん」
[PR]

by hrtrain | 2012-01-12 19:15 | イベント | Comments(0)  

ふるさと祭り東京

1月7日から15日まで、東京ドームで「ふるさと祭り東京」が行われています。昨年は土曜日に行きましたが、今年は比較的空いている平日を選びました。

西国分寺で貨物列車を撮って、三鷹駅で総武線に乗り換えて、水道橋駅に着いたのは9時15分頃でした。
見たいものや食べたいものは早めに押さえておきたいので、早めに並びました。

9時50分に仙台の郷土祭りで場を盛り上げ、10時に開場しました。さっそく「第3回全国ご当地どんぶり選手権」のチケットを買いました。パンフレットを見て、東北地方に頑張って欲しいため迷わず青森県の「八戸ばくだん」を選びました。これについては、別記とします。

このイベントは、東北から沖縄まで、ご当地の一品やB級グルメ、スイーツなど、郷土ならではの「うまい」を楽しむイベントです。電車を見る関係で午前中で切り上げましたが、あちこちのブースで食べたり飲んだり、観光地のパンフレットをもらったりしました。

今回取り上げるのは、会場のようすです。12時ころには、演歌歌手の山川豊さんのステージショーがありました。

ご当地グルメを食べ、ゆるキャラの写真も撮りました。なお、前者は2回に分けて載せます。

c0222209_20333479.jpg
23番ゲート入口の「がんばろう日本」とともに
c0222209_2034334.jpg
島根県出雲大社のブースにて
c0222209_20345988.jpg
山川豊さんのステージショーのあと。少ない時間の中、撮影も快く応じてくれました。
c0222209_20351280.jpg
青森県八戸市の八戸三社大祭の山車の模型
c0222209_20352626.jpg
c0222209_20353980.jpg
c0222209_20355229.jpg
青森ねぶた祭りの山車
c0222209_2036354.jpg
会場のようす
8枚とも2012年1月12日 東京ドームにて

[PR]

by hrtrain | 2012-01-12 19:00 | イベント | Comments(0)  

尾久車両センターイベントの続き

写真の枚数の限度があるため、こちらに移動しました。
転車台に止まっているD51-498は、いかにも蒸気機関車が回転する、って感じがします。

c0222209_2231254.jpg

[PR]

by hrtrain | 2010-11-20 21:30 | イベント | Comments(0)  

第10回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル

11月20日、尾久車両センターで「第10回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」が行われました。寝台特急北斗星号を見てから尾久駅へ向かいました。
改札を出るとかなりの行列ができていて、500メートルは進んだことでしょう。列車が到着するたびに鉄道ファンや家族連れがどんどんと列の最後尾へ向かっていました。私は開場から40分後にイベント会場に入ることができました。

最初に見たのはE655系「和(なごみ)」です。ジョイフルトレインの中ではハイグレードな車両で、普段は皇室用の車両(E655-1)を抜いた5両で走ります。

次は、記念弁当と部品を買いました。前者は焼き肉弁当、後者は「矢向」の幕と実際に寝台列車で使われた毛布を買いました。車両部品販売は、かなりの列なのと、欲しいものがないのと、メイドカフェに行く予算が足りなくなることから、やめました。

次は、機関車を撮りました。左からEF510-510(カシオペア色)、EF510-515、EF81-133、EF65-1118、DD51-888の、新旧の機関車が勢ぞろいしました。ヘッドマークも「カシオペア」「北斗星」「エルム」「ゆうづる」「はくつる」「夢空間」など、いろいろ付いていました。私がいい写真を撮り終えるまで、鉄道ファンは途切れることありませんでした。

休憩車両には幕張車両センターの113系第236編成と高崎車両センターの旧型客車5両が使われました。私は後者に座り、お弁当を食べました。
113系は撮れましたが、旧型客車の写真は撮れませんでした。

11時45分に、SL転車台回転実演があるので転車台へ行きました。有名なD51-498号機で、高崎車両センターに所属しています。主に水上へのSL列車で活躍しています。やはり回転する機関車の迫力は違って見えました。

その後は納得いくまで、周りで撮っている人に気を配りながら、ブログに載せるのにいい写真を撮り続けました。結果、このようになりました。

今回は今までの中で一番疲れたイベントでもありました。

c0222209_21443396.jpg
左からEF510-510、EF510-515、EF81-133、EF65-1118、DD51-888
c0222209_21433499.jpg
上写真の逆方向
c0222209_21482921.jpg
113系第236編成
c0222209_21514315.jpg
このヘッドマークも、イベントだからできる


c0222209_2150750.jpg
c0222209_21501457.jpg
c0222209_21502061.jpg
尾久車両センターのイベント弁当
[PR]

by hrtrain | 2010-11-20 18:00 | イベント | Comments(0)  

尾久車両センターのイベント(携帯にて)

c0222209_12132052.jpg

第10回 みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバルと題して、尾久車両センターでイベントが行われました。まずは、5種類の機関車を携帯で撮りました。
[PR]

by hrtrain | 2010-11-20 12:15 | イベント | Comments(0)  

埼玉高速鉄道浦和美園車両基地見学会(携帯にて)

c0222209_1056060.jpg

携帯で撮った、東京メトロ南北線9000系、埼玉高速鉄道2000系、東急電鉄目黒線5080系です。
[PR]

by hrtrain | 2010-11-13 10:45 | イベント | Comments(0)  

隅田川駅貨物フェスティバル

定期券区間の吉祥寺で降りて、都区内フリーきっぷを買いました。前日に計算したところ、吉祥寺からイベント先の南千住、メイドカフェのある秋葉原で乗り降りすると元が取れるためこちらを選びました。
神田と上野で電車を乗り継いで、11時に南千住に着きました。汐入の再開発地区を歩き、隅田川駅には11時15分ごろに着きました。
最初の目的地へ歩いていると、じゃがいも・にんじん・玉ねぎを100円で販売していました。これは実際にコンテナで運ばれた野菜です。
まずは鉄道部品入札・販売コーナーをのぞきました。EF65-535のネクタイピンや実際に使われた区名札などを販売していました。また、EF65-1005とEF65-1035のプレートが競売にかけられていましたが、見るだけに終わりました。隅田川駅限定グッズ販売コーナーでは、クリアフォルダー3点セットを500円で買いました。そのおまけに、昔の隅田川駅の上空写真が付いてきました。
グッズ販売では、使用区材用紙入れと「立川」「河辺」の方向幕を買いました。後者は実際に201系で使われた幕です。
次は、目当ての車両展示会場に行きました。10月の京葉車両センター同様、混乱防止のため順路が設定されていました。人気が集まったのは高崎機関区のEF65のP形原型機、EF65-535号機でした。寝台特急「富士」をかたどった惜別ヘッドマークと、現役時代に走ったブルートレイン「さくら」のヘッドマークが付いていました。後者は九州新幹線の愛称になります。ブルトレ時代は知らなくても、EF65-535を貨物で見てきた私にとっては感慨深い機関車です。
桃太郎ことEF210-161号機もヘッドマークを付けていました。

ほかにも、貨車の一種、控車の「ヒ724」が保存されていました。ヒとは控車の意味で、控車とは機関車と貨車との間に連結された入換用事業貨車です。

用途としては航送用と入換用があり、前者は青函連絡船に貨車や客車を積み卸しする際に、重い機関車が可動橋にかからないように数両連結されていました。
後者は大きな駅や特殊や線形をした構内の入換に使用されて、操車や連結手が休憩を取るために車上に屋根つきの小屋を設置しています。
この「ヒ724」は長らく隅田川駅において使用されていましたが、2002年に用途廃止になりました。最後の1両でもありました。昔の隅田川駅は配線が複雑で曲線が急だったので、連結器の食い違いを回避する目的で配置されていました。
昭和14年に有蓋車として製造され、昭和41年に速度向上で改造、昭和47年に余剰となり現在の車両番号となり、当初は篠ノ井駅に配属されていました。昭和56年に隅田川駅に移動され、その後構内改良により不要となり、除籍されました。
この内容はパンフレットより引用しました。

このあと、コンテナ置き場に積まれているコンテナをたくさん撮りました。軽食コーナーでは、地元荒川区の商店街のお寿司屋さんのちらし寿司を300円で食べました。
さらに見ることができないコンテナも撮って、フォークリフトやトラックに運ばれるコンテナも撮りました。

入口手前では、たくさんの私有コンテナがありました。数え切れないほど撮ったので、別のコーナーで紹介したいと思います。

今回のイベントではEF65-535の再会に感動しながら、12時頃にイベント会場を出ました。

c0222209_18492268.jpg

c0222209_18493996.jpg
展示されたEF65-535とEF210-161
c0222209_18504931.jpg
最後まで残った控車、ヒ724
c0222209_18515588.jpg
c0222209_1852495.jpg
c0222209_18521434.jpg
イベントで見られたコンテナ
[PR]

by hrtrain | 2010-11-06 19:00 | イベント | Comments(0)  

川越車両センターまつり2010

10月16日、川越車両センターまつりに行きました。
川越車両センターは、前身の川越電車区時代から25周年を迎えました。

9時30分に着いて、パンフレットをもらいました。ヘッドマーク下の372と70は何を意味しているのかわかりませんでした。開場後は、川越車両センターまつり記念弁当を買い、洗車体験をします。
10時に開場し、まずは洗車体験の整理券をもらいました。弁当はその次に買いました。

展示されていた車両は小山車両センターのE231系U63編成、東京臨海高速鉄道りんかい線の70-010編成、209系mue-train、205系第25編成、豊田車両センターのE233系青668編成、事業用電車のクモヤ143-11でした。
洗車体験には209系第63編成、園児の絵画展示は205系第31編成、休憩可能な勝田車両センターの485系K60編成、車輪転削に第32編成が使用されました。

洗車体験の前に、集合写真をたくさん撮りました。りんかい線は「通勤快速 赤羽」、E233系は「ホリデー快速 南古谷」「ホリデー快速 相模湖」、E231系は「両毛線」「信越線」表示が出ました。
転削コーナー脇に、サヤ209-4が留置してありました。用途終了なのか、この状態でした。いっぽうの485系は「急行ぶらり鎌倉号」や「急行わくわく舞浜・東京号」表示を出していました。

洗車体験では、洗浄線に入り指扇方の出発信号機手前で停止し、ミニ新幹線乗り場の近くまで移動しました。再び出発信号機手前まで走り、洗浄して30番線に戻りました。

帰る前に数字を聞いたところ、372は車両の配置数(埼京線の205系32編成320両、mue-train7両、川越・八高線209系、205系11編成44両、事業用車1両)、40は川越車両センターの職員の数です。
後者は、普段乗っている電車を検査、修繕している人たちの数と考えると、見えないところで頑張っているんだなぁと実感しました。

こちらでもイベントが行われているため、13時に川越車両センターをあとにしました。

c0222209_21572223.jpg
今回展示された車両
c0222209_2215960.jpg
E231系と70-000系
c0222209_2221211.jpg
上写真にmue-trainを追加
c0222209_2222855.jpg
205系の「通勤快速 南古谷」とE233系の「ホリデー快速 南古谷」
c0222209_2224959.jpg
事業用車、クモヤ143-11
c0222209_223229.jpg

c0222209_2231314.jpg
休憩車両の485系K60編成
c0222209_2232348.jpg
留置中のサヤ209-4
[PR]

by hrtrain | 2010-10-16 16:00 | イベント | Comments(0)  

川越車両センターまつり2010(携帯写メ版)

c0222209_11534724.jpg

仮公開ですが、展示された車両を写メで撮りました。
[PR]

by hrtrain | 2010-10-16 12:00 | イベント | Comments(0)